日本語 English
Member Login


パスワードを忘れた方
ご入会はこちら
フルラ ヨガ
フルラヨガ ホーム
フルラヨガとは
はじめての方
クラス
インストラクター
スケジュール
料金
地図とご案内
よくあるご質問
インストラクター

本間 陽子(ヨーコ)
本間 稲子 (イネコ)
沖中 正樹  (マサキ)
チャン 三夏(ミカ)
滝澤 良子 (ヨシコ T)
デーナ・リービ
中山 ゆみ (ユミ)
田中 順子 (ジュンコ)
岡田 よしこ  (ヨシコ O)
メグミ・ルーベンスタイン(メグ)
馬場 雅代 (マサヨ)
福田 珠見 (タマミ)
中筋 紀子(ノリコ)
コウメイ(2017年3月~6月のミカ先生の代行)

本間 陽子(ヨーコ)
イシュタヨガ 200h修了/ スワミ・ヴィヴェーカナンダ・ヨガ研究財団認定ヨガインストラクター 日本ヨーガ療法学会認定 ヨーガ療法士
子育て中に初めて体験したヨガで、身体だけでなく心が救われたのをきっかけに、私のヨガライフはスタートしました。その後、ヨガの実践と母の介護を通して、ストレスマネジメントとしてのヨガの役割にも注目し、ヨーガ療法士の資格を取得。日々変化する身体や心のアンバランスを修正し、健康な人はより健康に進化するために、ヨガが私たちの生活に不可欠だと確信しています。クラスでは、身体の声に耳を傾けること、身体を意識化することを大切にしています。
 
ヨーコ先生は2016年9月よりフルラヨガで教えています。
↑Page Top

本間 稲子 (イネコ)
アイアンガーヨガ「IY」認定指導員 (Introductory Level II)
イネコは20年近く会社員生活を経験、香港で勤めていた中でヨガに出会いました。

帰国後、本格的にヨガを勉強したいと思い、いくつかの流派を経験しながらアイアンガーヨガに出会いました。

アイアンガーヨガを1から学びたいと思い、埼玉県志木市のアイアンガーヨガセンターに通い、以来シニアティーチャー・ビンダハニ純子師に師事しています。その後、渋谷区幡ヶ谷の自宅にイネコヨガスタジオをオープンしました。また、国内外のアイアンガーヨガワークショップで学びも深めています。2014年にアイアンガーヨガ認定指導員になりました。

フルラヨガの生徒さんは、ヨガを始めたときの自分だと思っています。自分がヨガで学んだココロとカラダの変化や恩恵をアイアンガーヨガの正しさとともに伝えていけるクラスにしていきたいと思っています。 

イネコ先生は2007年1月からフルラヨガで教えています。

↑Page Top

沖中 正樹  (マサキ)
整体ヨガ インストラクター/鍼灸師

ヨガインストラクターでもあり鍼灸師でもあるマサキは、1989年よりパーソナルトレーナーとして活躍していました。 

当初はカイロなどの整体、鍼灸指圧マッサージにストレッチやウェイトトレーニングを加えるという健康法を行っていましたがこれらの方法に限界を感じていた頃SHIZENヨガのドミニカ・セリガノ先生のハタヨガに出会いヨガには予防医学的効果だけでなく治療としても優れた効果があることを実感しました。 

そのころから個人レッスンよりもグループレッスンでのヨガに重点を置いた指導内容に切り替えるようになりました。

彼は鍼灸の国家資格の他にアレキサンダーテクニックやフェルデンクライス・メソッドも学習しておりクラスの中に活かされています。

FURLA yogaの整体ヨガクラスでは、<他力ではなく自力で体のバランスを整える事>を目的としたハタ・ヨガを行っています。

マサキ先生は2005年9月(フルラヨガがオープンして)からフルラヨガで教えています。

↑Page Top

チャン 三夏(ミカ)
アヌサラ・インスパイヤード・ヨガ ティーチャー認定
2003年ハワイでヨガに出会う。当時仕事のストレスから腕が上がらず肩に痛みを抱えていたが、初めて通ったヨガスタジオでその痛みがなくなる経験をする。その心身に与える効果に衝撃を受け、それ以来積極的に様々なスタイルの先生から学びを受け色々な人との出会いを通じて指導者の道へと進む。

2005年Anusara Yoga (アヌサラ・ヨガ) のインスパイアド講師資格を取得。その後も留まる事なく、内外のクラス、ワークショップ(WS)、ティーチャー・トレーニング(TT)にてアイアンガー・リストラティブ・ヨガセラピー・陰ヨガ・マントラ・更年期・高齢者ヨガ、各種ボディーワークを習得。
『広がる方へ!』をモットーにON THE MAT ・ OFF THE MAT  両方で実践できる、その人それぞれの人生経験を活かしたヨガを提唱しています。

ミカのクラスは全て「ハタ・フロー」です。 

ミカ先生は2005年9月(フルラヨガがオープンして)からフルラヨガで教えています。

↑Page Top

滝澤 良子 (ヨシコ T)
アイアンガーヨガ 「IY」認定指導員 (Introductory Level II)

2003年からアイアンガーヨガを学び始めました。以前はストレスから体調を崩し、体力・精神面でも自信が持てなく悩んでいる時に初めてアイアンガーヨガに出会い、身体の隅々まで意識を向けて繊細でかつエネルギーに満ちた力強いポーズに感動し、すぐに虜になりました。
以後、プロップスを使用することで身体に負担をかけず、正確に行っていくことで身体も少しずつ変化して、それと同時に心が解放され穏やかになっていくことを感じ、益々ヨガの素晴らしさを実感しています。
2008年に認定指導員となり、世代を超えて沢山の人とアイアンガーヨガを分かち合えたらと思っています。
2009年春、師である柳生直子先生出演のNHK「趣味悠々・ヨガで元気に!」では先生のアシスタント、またテキスト、DVDのモデルを務めました。

ヨシコT先生は2010年1月からフルラヨガで教えています。

↑Page Top

デーナ・リービ
スタジオ・ディレクター
デーナ・リービはアライメントを大切にしたハタ・ヨガを現在アメリカのユタ州で指導しています。

アイアンガー・ヨガをベースにした彼女の教えには、コンテンポラリー・ダンス、ボディワーク、武道の経験が大きく影響しています。日本在住歴15年、デーナは2004年〜2013年日本語又はバイリンガルで教え、ハタヨガを指導していました。自身の妊娠の経験をきっかけに、ヨガ指導を始めた場でもあるSHIZENヨガスタジオのドミニカ・芹ヶ野のもとで学び、その他、ガブリエラ・ジュビラロ、マーラ・アプト、ラマナンド・パテル等のシニア・アイアンガー指導者の下で学びを続けています。

体と心のつながりの意識を高めるために、デーナのクラスでは、柔らかで、効率的な呼吸と動きにフォーカスします。チャレンジングで、革新的、楽しく、わかりやすいクラスです。

スタジオ・ディレクターでもあるデーナは、2005年のFURLA yogaオープン以来、インストラクターとして教えていました。

 

↑Page Top

中山 ゆみ (ユミ)
アイアンガーヨガ「IY」認定指導員 Introductory Level II
2003年より柳生直子先生に師事。2008年認定指導員となる。同年西インド プネーにあるアイアンガーヨガ道場(RIMYI)で4週間のadvanced classを受ける。

アイアンガーヨガを実践するうちに、これまでにない身体的な変化に気づき、いくつになっても身体が変わることに驚きと喜びを感じた。 これこそプロップス(道具)を使うことで年齢に関係なく安全でかつ正確に行うアイアンガーヨガの良さなのだと実感。また外資系金融機関という変化の絶えない不安定な環境に長年勤務していた時に、強く意識するようになった心と身体の安定。アイアンガーヨガを多くの人に伝えたい、心身の安定と豊かさを共有したいという思いが強くなりました。

アイアンガーヨガは基本ポーズを大切にします。クラスではその一つ一つをしっかりと学び、その時々のテーマで変化するアサナへのアプローチやシークエンスを楽しみながら、心身を開放させていきたいと思っています。

ユミ先生は2009年3月からフルラヨガで教えています。

↑Page Top

田中 順子 (ジュンコ)
ヨガ・インストラクター (ハタ・ヨガ)

シュタイナーの舞踊オイリュトミーを笠井叡氏に10年間学んだのが原点となる。並行して野口整体、径絡指圧なども学ぶ。2001年よりアシュタンガヨガを 始め、J・スコット、チャック&マティのWSでアライメントの大切さを感じ、2004年より芹ヶ野ドミニカに学び、2009年よりビンダハニ・純子にアイ アンガーヨガを学ぶ。クラスでは骨の位置とそれを支える筋肉のアクションをプロップ等も用いて健康になるためのアーサナの基礎を作ること、生涯をともにす る自らの身体と心に対し敬意と感謝をもって向き合うことを柱とします。

ジュンコ先生は2011年5月からフルラヨガで教えています。

↑Page Top

岡田 よしこ  (ヨシコ O)
アイアンガーヨガ「IY」認定指導員 (Introductory Level II)、ヨガワークスティーチャートレーニング (全米ヨガアライアンス認定200時間)

学生時代に始めたサーフィンに夢中になる中で少しでもバランスが取れるようにとヨガクラスに参加しました。続けていくうちに2つの間に共通点を見つけ、ここには何かあると感じ、ヨガを学び始めました。

もともと体を動かすことが好きでさまざまなスポーツに触れてきましたが体の柔軟性に欠けていたため、けがを繰り返してきました。現在では、アライメントを重視した練習を通じて身体の扱い方、心への影響を感じています。また、ヨガワークスティーチャートレーニングでは、リサ・ウォーフォードより直接指導の機会を得ることが出来ました。

体はその日、時間によって変化します。クラスではポーズを通じて今の状態を知り、道具を利用してそのときの自分にあったレベルで行っていきます。

ヨシコO先生は2011年1月からフルラヨガで教えています。

↑Page Top

メグミ・ルーベンスタイン(メグ)
RYT-200ヨガインストラクター(ハタ・フロー、マタニティ&産後ヨガ)

メグは長男出産後にすぐに指導を始めました。自身の妊娠中に感情面の難しさやストレスに苦労した経験から、出産し母親になるための肉体・感情・精神面における調整を通して妊娠中の女性を支えたいという信念を持つようになります。ヨガで妊娠中の不快感を緩和し、赤ちゃんとのつながりを育み、体の変化を尊重することを伝えたいと願っています。

産後ヨガでは、母親の(赤ちゃんのご参加も歓迎)骨盤底筋の安定性や肩・首周りの柔軟性を取り戻し維持し、優しいアサナで感情の健やかさをつくることにフォーカスします。女性が安心して感情を表現できる場、内なる強さに気づき、ヨガの練習中も赤ちゃんと共に在る環境づくりを心がけています。

熱心なランナーであり過去にはランナー特有の怪我も多く経験したメグは、自身のアサナの練習は怪我なく、快適にランニングを続けられるよう安定性と柔軟性をつくることにフォーカスしています。ハタフローのクラスでは、こうした彼女の知恵や日常で役立つことを織り交ぜ指導します。ハタフローは、2つのポイントに焦点をあてています。1つは、骨盤・臀筋・コアを中心に体に強さをつくること、2つ目は、バランスあるプラクティスとなるよう、それぞれが持つ柔軟性に欠けるエリアに目を向け取り組むこと。又、マットを降りた日常でもヨガを実践できるよう、体意識を高めることにフォーカスしています。

メグ先生は2014年1月からフルラヨガで教えています。  

↑Page Top

馬場 雅代 (マサヨ)
アイアンガーヨガ イントロダクトリー レベル2 / IYTA 公認指導員

2003年オーストラリア、パースでの生活を始めて間もなくアイアンガーヨガに出会う。奥深いヨガの魅力に気づき、言葉の壁を忘れ毎日楽しくクラスに通う日々を過ごした後、指導員への勉強を始める。
上級指導員アンホースリー主催のティーチャートレーニングに参加しながら、現地のスクールでランチタイムクラス、全レベルクラスを担当、同時に在留邦人や日本人留学生を対象とした日本語ヨガクラスを開催。
パース在住8年の間には、数多くのワークショップに参加する機会を得る。認定指導員の資格を取得後、2011年に帰国。2008年、2012年にインド、プーナのラママニ イアンガー モリアル ヨガ インスティテュートで1カ月クラスを受講。
アイアンガー師の、“完璧なものは何もない、あなたはいつでも進歩できる。それが人生を創り出すことであり、興味を創り出すことである。” (Nothing is perfect, you can always improve; that is creation of life, creation of interest.)という言葉はヨガのみならず日常生活のモットーでもある。
ヨガのポーズの練習を通して自分の体と向き合い、心と体のバランスを取り、日々の幸せに気づく機会を大切にしている。

マサヨ先生は2012年5月からフルラヨガで教えています。

↑Page Top

福田 珠見 (タマミ)
全米ヨガアライアンス500時間修了/スワミ・ヴィヴェーカナンダヨガ研究財団認定/ヨガインストラクター / 日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士

タマミはパソコン仕事による頸部の激痛や頭痛、集中力散漫に悩まされた経験を持つ。身体の構造に沿って行われるヨーガは安全で、継続する事は健康維持に繋がる事、そして体のみならず心身相関の諸問題を緩和する効果もあることを多くの人に体験していただきたいという思いを胸に日々指導にあたっている。現在もSHIZENヨガスタジオのドミニカ先生の下で学びを続けるうち自分の身体が変化する喜びを感じている。2015年よりSHIZENヨガスタジオでも教えています。

タマミ先生は2016年1月からフルラヨガで教えています。

↑Page Top

中筋 紀子(ノリコ)
ヨガ インストラクター
ノリコ先生は先ず5月に新しいバイリンガルのハタヨガの全レベルクラスを木曜日の午前9時から10時半で始めます。
そして6月には次の新しいバイリンガルのハタヨガレベル1クラスを金曜日の午後4時から5時半までで始めます。ノリコ先生はみなさんにお会いできることを楽しみにしています。
 
ヨガをした後に心身が軽く、平和な気持ちになるのを実感し、アイアンガーヨガを学び始めました。
スタジオでの時間は、ご自分がご自分の為だけに意識を向けた貴重な時間です。
その貴重な時間の中で、様々なポーズを通じて身体の正しい使い方を伝え、軽やかな心と身体づくりのお手伝いが出来れば幸せです。
ノリコは2016年にアイアンガーヨガ ティーチャーズ トレーニングを終了。指導員としてのイントロダクトリー レベル II を受験予定。 
↑Page Top

コウメイ(2017年3月~6月のミカ先生の代行)
Yoga 講師・理学療法士・健康運動指導士・介護予防運動指導員・Movement Analyst
幼少より様々な運動してきた。坐骨神経痛や柔らか過ぎることで起こる怪我に悩まされボディーワークの一環としてYogaを始める。その後、トレーナー/インストラクターとして様々なボディーワークの勉強会や資格を取得するも、身体の本質を深めたく理学療法士を取得する。

世界で活躍するアスリート・アーティストを始め、障がい者(児)さらにシニア・キッズ世代まで幅広くYoga指導をしている。身体を知れば知るほど、見えてくるその人それぞれの最良のパフォーマンスがある。それは5年後、10年後、さらには死ぬまで付き合う身体を大切に使い切る方法でもある。またYogaはカラダ・ココロ・アタマの体操と捉え、ポーズ・呼吸・瞑想また哲学も分かり易く参加者とシェアしている。Yoga指導者であることは同時に一生学びの中にある生き方と感じ、Yogaの古典書なども積極的に学んでいる。
↑Page Top
ページの先頭へ戻る